« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010/08/19

新刊「書でめぐる 房総文学の旅」のご案内

Dsc_0011_2

Img_0001_3

Img_0001_2_4


書で独自の世界を確立された著名な書家・幕田魁心先生の20冊目の新刊です。書をめぐらせ、心めぐらせ、読者に届けたい想いを見事につづられている名著です。

今回は「書でめぐる房総文学の旅」というタイトルで刊行されました。
とりあえず千葉限定のように受け取られがちですが、例えば1916年、芥川龍之介が滞在した一宮町にある旅館・一宮館の離れには、後に妻となる塚本文に恋文を書いたという逸話が残る。のちに「芥川荘」と名付けられたこの離れには、龍之介が使用した日用品などが当時のまま保存されていて、近くには記念碑もあります。

「このような日本の文学史的に貴重な出来事や事柄が、それこそお宝のように埋もれているのがここ房総なのです。それでも地元の人々でさえ、いつしかこころ遠のき、忘れ去られそうになっていくこのような貴重な文化遺産を後世に残し、語り継いでいきたい」との幕田先生の熱い想いに感銘し、「一家に一冊」を目指して毎日のようにPRして回らせていただいております。

そんな貴重な情報満載のこの一冊、是非このブログをご覧になられた、そうあなたも是非一冊手に取ってご覧頂きたくここにご案内申し上げます。

ご希望の方はこのブログ左記メール欄より送信されるか、
またはkokoro.asunaro@gmail.comまで
お☎の方は0475-23-3983または080-5485-3983までお気軽にどうぞ。

只今、幕田先生の直筆サイン入り、送料無料にて承っております。
本体価格+税=2310円のみとなります。


会社や事業所、病院や診療所の待合室、そして勿論、公民館や図書館にも是非1冊ずつ置いて頂きたいです。
あなたも日本人の心の芸術の伝承にもう一歩見目を傾けてくださいませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/02

伝承

何の才能もない
何の取り柄もない
そんな風に想うのは淋しいな
みんなそれぞれに
生きて来た歴史があるじゃない
それが才能であり取り柄なんだよ
毎日の様々な戦いの中で
生き抜いて来た
生きていた事実
次々と別れを乗り越えて行く中で
あなたの心は
我が子や周りの人々に
確実に受け継がれ
優しい波紋に導かれている事に
早く気づいてほしいな
そう
あなたがその時代にいてくれる
ただそれだけでいいんだよ


Dsc_0222


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »