« あの空の彼方に | トップページ | 伝承 »

2010/07/13

炎の円舞曲

鳥のように空を目指し
生きることに飢えたように
涙さえも知らぬ日々を
ただ過ごしていた

ある日 あなたという謎に
心奪われてしまった
昼も夜も夢の中も
炎にまみれて

空は青く 過去などない
何もかもが意のまま舞う
抱かれながら風のように
咲いていてくれ

まわれまわれ愛よ夢よ
情熱の愛の調べよ
燃ゆる想い 焚きしめてる
炎の円舞曲(ワルツ)…
              
     いけだとしみつ


Img_0260_3

|

« あの空の彼方に | トップページ | 伝承 »

コメント

おはようございます!
真夏の太陽みたいな詩ですね。
ぎらぎら美しいです。
情熱の炎が燃えて燃えて、
もう一段の高所に上ったような。

夏の太陽は朝も昼も夕も夜も燃えて、
私たちを一日一日、昇華してくれている。
そんな思いを思いつきました。

今日も夏ですね。よい一日を!

投稿: chiiko | 2010/07/19 06:31

chiikoさんお便りありがとうございました。

スペイン民謡「愛のロマンス」をテーマに使わせて頂いて
7.10幕張でのハセガワダンススクールサマーパーティで
ダンス発表の部(デモ)で踊ってきました。
ギータ演奏ではよく聞かれますが
今回は女性ボーカルの情熱的な歌声にのせての発表でした。

このコーナーでも
一度出してみましょうかね?

自分に感動して
踊っていましたね あはははwink

投稿: トシャマル先生。 | 2010/07/21 01:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49394/48864496

この記事へのトラックバック一覧です: 炎の円舞曲:

« あの空の彼方に | トップページ | 伝承 »