« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008/05/28

薔薇の園

今、私が習いに行っているダンスの田村先生の御宅では薔薇の花が満開!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
あまり作られたものには興味の湧かなかった薔薇だったんですが、田村先生の作られた薔薇は、それはそれは見事な上に色が鮮やかで艶やかで実に可愛らしい。
カメラに収めると何だか違ってしまうかもしれないけれど少しご紹介してみましょうね。

Img_0999 Img_1001 Img_1003 Img_1004 Img_1002

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/19

希望

2008515 Img_0579

           ああ君よ
             明日へ叫ぶその想い
                 凪の瞼よ
                    瀬戸の夕暮れ            
                  としみつ
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/16

夕焼け雲

2008515 Img_0569
         

     その胸を
        かきむしるほどの真紅郷
                夕焼け雲に合わす手のひら       
                               としみつ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/14

君の道Ⅲ

Img_0358_2

君の道Ⅲ

君たちは今
花吹雪の中で
夢を語り合う
のどかなり淡き
素顔の愛らしさ
見えているものは
希望未来空よ
清々しい風よ

今そよ風に
タイムスリップして
十代の頃の自分
学び舎
何もかもが
レールの上で
走り始めて
もがくことも
苦しむ事も忘れ
咲かせたい夢もなかったんだ

Img_0559

その君にひとつの
道しるべ与えた
先輩の一言が
胸に突き刺さる
初めてのことで
何も言い返せずに
地団太踏んだ日々よ
今も目に浮かぶ

たかが一人言でも
傷ついた心を
癒し見返す
自分がいた
そこでこの道
出逢ってそして
いつしか仕事に
前だけを見て
三十年
虹を重ねて来た

何度でもあの時
あのときに戻る
何時まで経ってでも
あの頃に戻るんだ
そんなことしても
どうにもならないけど
追いかけてゆく夢に
何を託したんだろう
 
Img_0753_3

今でも見返すこと
何一つできない
それでもいい
求めるものは
価値ではない
どこにいたって
見失わない
命の輝き
いつまでも
まっすぐな心

なぜここにいるの
生かされているの
どれほどの時間かけて
迷い悩みながら
何のために生きる
教えて教えて
答えてくれない
自分で見つけろと

そんな当たり前のこと
自問自答の
中で想った
好きな道
歩めばいい
勇気と祈り
捧げながら
二つの影を背負う優しさ
弱さ抱きしめながら

Img_0756_3

君だけの道を
君らしい道を
ああ涙も枯れ果てて
それでも振り向くな
許してね ふるさと
山よ川よ海よ
出来るなら称えられて
道を行きたかった

君たちよ早くゆけ
迷わずに決めて
どこまでもゆけ
二つの道に迷った時は
イバラの道より
野バラの道
いつも心の声を
見つめながら 
魂の道を行け
Img_0788

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/13

セントケア茂原 懐かしの唄ライブⅥ

upが遅れましたが、 5月1日に セントケア茂原 懐かしの唄ライブⅥをさせていただきました。
 想えば昨年10月に招かれて以来、すでに6回目。私達は、とてもささやかなアンサンブルで、もの凄く素晴らしい演奏を披露できる訳でもないし、ほとんど毎月呼んで頂いていることに恐縮しております。
そしてさらにまたまた来月もおじゃまさせて頂くことになりました。
本当にありがとうございます。
 最後には、みなさんと一緒に、『きよしのズンドコ節』『こいのぼり』など多くの懐かしい唄を歌って楽しみました。
 こんなにも機会を与えてくださる関係者の皆様方に心より御礼申し上げます。
Img_0378_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/12

母の日

みなさん
母の日には何かプレゼントはされたのでしょうか?

私には
今年88歳になる母がいますが、
何一つ孝行できない自分が歯がゆくてしょうがありません。

今も私の川柳の師
心の師・淵田寛一先生の作品に

なんとなく
   母の白髪に
         すみません

という句があります。
もしもこのブログをご覧の方々の中で
どうか
お一人でも多く
お母さまが元気なうちに孝行して下さることを願ってやみません。Img_0583  

Img_0549

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/03

ウワミズザクラ

Photo_2幸せは

この花よう

小さな花を

いっぱいつけて

軽やかに

風にゆれている

まるで夢を見るように

誰にも悟られず

愛を育む

幸せは香りだけ

形のないもの

雲になって

消えて

初めて

幸せだったと

気付くものなんだろうね

          としみつ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »