« セントケア茂原懐かしの唄ライブⅤ 2008.2.11 | トップページ | しょうじゅの里ボランティアライブⅡ2008.3.20 »

2008/03/18

梅一輪

Img_0086_3

いつの間にか
風の便りも気付かぬうちに
春はそこまで
近づいていたんだね

いつも後ろに隠れて
はにかんでいた君が
今日は受験会場へ 
ひとりで入って行った。

次々と訪れる子らの朝日を背に力強く伸びた影が
道しるべのように先へ先へとゆく 

そんな君たちが今向かうのはゴールではない
人生のわずかな一歩に過ぎない。
だが大事な一歩だ。
どうか
自分の道は自分の意思で決めて歩んでいってほしい。

学ぶとは飢えること
生きるとは自分を抱きしめること愛すること
こころはいつも解放しておいて
そしてできれば忘れないでいてほしい
生まれたばかりの光の中で咲き始めていた
今日の日の君の一輪ほどの暖かさを
そのぬくもりを

                    としみつ
2008228_2

|

« セントケア茂原懐かしの唄ライブⅤ 2008.2.11 | トップページ | しょうじゅの里ボランティアライブⅡ2008.3.20 »

コメント

としみつさん、おはようございます!
君の背中に教えられ、君から学んでいるかのようです。
この世は教え教えられ学び会うところ。

私、いまだに受験の夢を見ます。
試験日が迫っているのに全く準備できていない。
答案用紙を見ても頭真っ白。

まだまだ学びが足りません。
私もぬくもり、忘れないようにしますね。

花咲き実結びますよう心よりお祈りしています。
きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2008/03/19 05:29

chiikoさん、おはようございます!
今にもその想いが溢れ出そうな心に沁みるメッセージを
ありがとうございました。

どれだけ歳を重ねてもそういう想いはあるのでしょうね。
ある人は自分が本当に未熟だったが故に
自分の道が
自分の意思とは関係なく決められ
走り出してゆく戸惑いと無力感…

そんな想いや悔しさが生きる力にもなっている事に
不思議な感謝を覚える今日この頃です。

私もまだまだ学びが足りません
自分史が愛おしく想えるように時を刻みたいものですね。

朝早くのメッセージ…
心もしっかりと目覚めました。
ありがとうございました。

投稿: トシャマル先生。 | 2008/03/19 09:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49394/40542781

この記事へのトラックバック一覧です: 梅一輪:

« セントケア茂原懐かしの唄ライブⅤ 2008.2.11 | トップページ | しょうじゅの里ボランティアライブⅡ2008.3.20 »