« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007/10/23

ワーナーホームみんなのまつり        しんがライブ2007

Img_0668_410.21開催されたワーナーホームみんなのまつりの催しの一環として、野外ステージでは様々な音楽の発表があり、しんがライブも登場しました。3回目になりましたが、今回も素晴らしかったですよ。

しんがは午前と午後の2ステージに出演したのですが、特に最後は会場が一つになって見事なライブ会場と化し、我を忘れて至福の時を享受していました。
お天道様もそんなみんなを祝福してくれているように想えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/21

しんが/ワーナーホーム           みんなのまつりライブ今日二公演!

Photo005_4

しんがからみなさんへ
「「「「しんが通信」」」
が届きましたので、ここにご紹介と本日のライブのご案内をさせていただきます。

こんにちは、朝がだんだん
起きるのが辛くなってきま
したね。(僕は一年中朝は
辛いけど。。。村田)冬がゆっくり近づいてきてますなぁ。
今回は明日行われる千葉県は大網にあります、「ワーナーホーム、みんなのまつり」で行われるしんがライブの告知です。
なんと、午前中と午後の二回公演なんです。

★11:00~と14:30~の二回です。一般公開&無料なんで是非皆さん聞きに来てくださ~い!

★交通アクセス//http://www.wanahome.or.jp/map.htm
こちらをご覧くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セントケア茂原ライブ/2007.10.20

Img_0440_2  またまた茂原市ボランティア協会を介していただいたポピュラーライブをお届けしてまいりました。第一回目のケアセンターみやもとさんの時と同様に、70代から90代までの方々の前でギターとプサルタリーの魅力をたっぷりとお届けして来ました。
 普段、こういう機会の少ない利用者さんからもスタッフさんたちからも大変喜ばれ、来月もおじゃまさせていただくことになりました。
 最後には『故郷』と『青い山脈』みんなで一緒に歌って楽しみました。私達にとっても、とても想い出深く、また有意義な会となりました。こういう機会を与えてくださった関係者の皆様方に心より御礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/15

社交ダンス発表会

Img_0390_5 今日は、私にとって初めての社交ダンスの発表会参加でした。

電車の都合で本番29分前に到着…まさにぶっつけ本番状態…でも洋子先生と2回お手合わせ願えて俄然落ち着き、一番手の重責?もなんのそのなんとか無事に終了できました。

そのあとはみんなの踊りを見せていただき、それをカメラ担当の私がファインダーに収めさせていただいた。発表会が終わって打ち上げとダンスパーティ…で秋の夜長を満喫したのでした。 田村先生、洋子先生本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/11

大多喜病院音楽祭ライブ

Img_0346_4    みなさん今日ね、大多喜病院の『音楽祭』に、私の教え子を伴ってギターとプサルタリーを披露してきました。お若いスタッフの皆様方も数多くいらっしゃり、懸命に催しを引っ張って行っていました。私達の持ち時間は全行程20分//オブラディオブラダ、アニーローリー、一人の手、北の国から、太陽がいっぱい、禁じられた遊び//と、結構知られた曲を並べてのステージだったので、もうリハの時から20人ぐらい集まってしまっていました(笑)//終了後、私の短歌を披露して下さったり、お若い院長先生自ら挨拶を買って出られ、お礼のお言葉と、プサルタリーの音色の素敵さに魅了されたようでした。「北の国からで演奏されている楽器なんですか? とてもマッチしていて素晴らしかったです」とコメントを頂いた時には、すっかり大スター並みに??舞い上がってしまっていました。

Img_0354_3  控え室のご準備も接待も心底好意的な温かな風に、本当に心地好く演奏出来ましたことを、ここに心より御礼申し上げます。

またいつか、違う形態でご披露できるように研鑽してまいりますので、どうかご期待ください。本日は本当にありがとうございました。

↑ちょっと小さくて見えづらいですが、プサルタリーで『北の国から』を弾いている所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶唱のあとに

20079_11

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/09

がるばギター合宿

Img_0084  がるばギター合宿に行ってまいりました。
この企画は恩師・加藤 誠先生が発案され、もうかれこれ10年以上になります。
この催しにはグループの方のみならず、関係者のご家族や一般の方々も参加OKで、
師ならではの企画だと感服しております。
 今年は10月7日、8日の両日(まあ昨夜帰って来たばかりなのですが…)
行われました。 (毎年この時期の連休を利用します)

 さて、がるば…というのは群馬・赤城山の山懐にある音楽ペンションなのです。
リビングではミニコンサートをしたり、よく設計された別棟の音楽室ではコンサートや録音も出来、またそこのベランダがステージになって屋外でも出来そうな素敵な所です。

Img_0168 …という訳で、着いてすぐにコンサート、そして録音体験、夕食の後は加藤先生と高弟によるギターとプサルタリー(最近大流行の古代ギリシャ生まれの楽器です)の演奏の聴けるミニコンサート、そのあとはリビングでの音楽談義、宿泊棟に行ってからは、部屋の中や廊下での様々なギターやリュート音楽の競演~ミニミニ講習会?!(笑)
そして、深夜に亘っての録音体験… 様々な話題に花を咲かせ、夜の更けるのも忘れて
虫の音が消え入るように夢の中へと誘われて行くのでした。

 明けて早朝7時からは、加藤先生による『音楽家の為の健康体操』…日頃使わない筋肉を目ざめさせようとするので、みんな青息吐息でした。
それが終れば録音に向かわれる方、リビングでくつろぐ方、ずっとギター三昧の方、そして赤城登山に向かわれる方、それぞれ三々五々情熱?が色を分けていったのでした。

Img_0193  この催しのもう一つの楽しみ、それはペンションがるばのスタッフのもてなしです。
マスターのもう見事で上品な手料理と、朝食には奥様のとーーーーーーーーっても美味しいパン…これもここにおじゃましての大きな喜びです。

 がるば…とはサンスクリット語で『大地』という意味だそうです。
心優しく、本当に温かいがるばスタッフと赤城…という二つの大地の大きな愛に包まれた2日間の様子をここに少しだけご紹介したいと思います。

Img_0287  詳細は、あすなろギタースクールが発行しております『機関紙あすなろ』で詳しくご紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »