« 明日への讃歌 | トップページ | 愛と詩の原点 »

2007/04/04

Img_0055_2

何十年にも亘って風雨にさらされ

朽ちかけた影に翻弄されるうつせみの幻…

同じように何十年もの年輪を重ねながら

まるで少女のように

可憐に咲く桜…

かさばらず、

重厚にならず、

けれども風格があって、

それでいて無邪気で凛とした信念を感じさせる…

そんな身勝手な想いなどには目もくれず

宴が終り

いつしか静けさを取り戻す頃

散り初めし花吹雪の中で本当の春を迎える


                                      千葉県/茂原公園にて

|

« 明日への讃歌 | トップページ | 愛と詩の原点 »

コメント

おはようございます!
私もふるさとで桜の写真を撮ったので
贈ります。
桜って、ほんと謙虚に咲きますね。
本当の春。きょうもよい一日を!

投稿: chiiko | 2007/04/10 06:19

おはようございます。
ふるさとの桜ありがとうございました。
謙虚…そう、未だに教わることばかりですね。
来月はみかんの花が故郷を彩ることでしょうね。
春の門出に乾杯!
明日に夢を!

投稿: トシャマル先生。 | 2007/04/10 10:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49394/14549565

この記事へのトラックバック一覧です: :

» さくらと学校 [chiiko通信]
nice meeting you 会えてよかった [続きを読む]

受信: 2007/04/10 06:15

« 明日への讃歌 | トップページ | 愛と詩の原点 »