« もみじ | トップページ | 夢の途中 »

2006/12/16

渋柿のつぶやき

_img_0024_1 
ぼくは何で渋柿に生まれて来たのだろう
きみはいいね甘柿で…
…って、ずっと
ずっとそう想いつづけて来たんだよ
でもね
何十年も生きて来たら
そんなこと どうでも良くなっちゃった
人のうわさも
かっこうも…
うそのない人生を歩んでいるみたいで
結構わるくない…
真冬の真っ青な空に良く似合う
それもなかなかいい…。
みんなに
いっぱい食べられなくても
毎年
懸命に
びっしりと実をつける渋柿…
その一途な姿が
張りつめた心を安堵の色に染めてゆく…
これも素晴らしい人生じゃないのかな?

|

« もみじ | トップページ | 夢の途中 »

コメント

渋柿のつぶやき、どうもありがとうございます。
私もずっと想い続けてきました。
もしかしたら甘柿さんもそう思っていたかも。
お互いここに生まれついた意味がありますよね。
冬の空はいいですね。純粋で真っ直ぐで。
きょうもよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko | 2006/12/17 04:48

chiikoさん
ありがとうございました。
そうですね。
たしかに甘柿の方へはなぜか心が動かなくて(笑)
…でも実はそうなのかもしれませんね、
言われてみて初めて気がつきました。
「何で自分は…」
という自問自答が始まるのですね。
そこがスタートライン…
ここからが
その人の価値を形作ってゆくのですね。
甘柿さん・渋柿さん
お互い胸を張って生きていこうぜ!

投稿: トシャマル先生。 | 2006/12/17 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49394/13085379

この記事へのトラックバック一覧です: 渋柿のつぶやき:

« もみじ | トップページ | 夢の途中 »