« 願い事 | トップページ | ひまわり »

2006/08/22

しおさいの詩

  海の濃さ
     近づきすぎて見失い
         離れてもなお道を説く君    
                 
としみつ

Photo_7

 
    

    






Photo_1

|

« 願い事 | トップページ | ひまわり »

コメント

トシャ丸先生さん、おはようございます!
愛と絵の抒情詩のお便り、どうもありがとうございます。
時を経て変わるもの、変わらないものありますよね。
海の色って不思議です。
手ですくえば濃いも薄いも近いも遠いもないのに。
下の写真、いいですね。日付にどきりとします。
まだまだ暑い日が続きます。よい夏を。ではまた!


投稿: chiiko | 2006/08/23 06:24

chiikoさん、おはようございます。
お便りありがとうございました。

そうですね、
大切な想い出の絵は
決して変わることなく生き続けます。
雲の形やあの陽射しの中で
海の表情はいつまでも優しい…
私の人生はどんどん心の源流を目指している気がします。

晩夏はいろいろと教えてくれます。
あと少しの夏をどうか満喫してくださいね。

投稿: トシャ丸先生 | 2006/08/23 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49394/11562129

この記事へのトラックバック一覧です: しおさいの詩:

» ほとんど誰もいない海 [chiiko通信]
私の愛を確かめたくて [続きを読む]

受信: 2006/08/23 06:17

« 願い事 | トップページ | ひまわり »