« ユートピアへの道 | トップページ | 忘れな草をあなたに »

2006/05/17

蜻蛉

200642021_029_1

         微笑んで
                   明日を夢みる蜻蛉の
                             未だ見ぬ愛を
                                          君に与えむ
                                                                      としみつ            


|

« ユートピアへの道 | トップページ | 忘れな草をあなたに »

コメント

としみつさん、こんにちは!
すばらしい光景ですね。
この世の命の多くは
だれにも見知られることなく
生きて微笑んでいるのだと
この愛と絵の抒情詩を拝見して思いました。
でも、やっぱり見つけてもらえると、
もっとうれしくて、もっと輝いて、
こうやって微笑むのでしょうね。
ではまた!

投稿: chiiko | 2006/05/19 14:36

chiikoさん こんばんは
お便りありがとうございました。
もう私の言わんとすることを
見事なまでに表現してくださいましたね。
ただそれだけで私の心は満たされてゆきます。

人間に比べたら
生涯の生命の時間が9時間ほどという
圧倒的に短い命を
その限られたわずかな生命の時を
必死に謳う蜻蛉の
そんな中でも伝えたい
与えたい輝きがある…と。
もしかしたら
誰にも振り向いてもらえないかもしれないけれど…

そんな
蜻蛉を通して見た
淡く切ない恋物語…

投稿: トシャ丸先生 | 2006/05/20 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49394/10118254

この記事へのトラックバック一覧です: 蜻蛉:

» ラララ ラララ [chiiko通信]
人間関係に疲れたら 人間模様を眺めていよう それさえも疲れたら つらくなったら [続きを読む]

受信: 2006/05/18 07:34

« ユートピアへの道 | トップページ | 忘れな草をあなたに »