« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/04

卒業

いつか
夢みていた
その時がやってきた
ずっとあの青い空のように
ゆったりと流れる雲のように
育ってほしいと願っていたけれど
親は生きることで必死だった
数え切れない時間と
君とをつなぐ世界は
今はもうこの絵の中に
ほんのわずかに残っているだけ…
でも
もうそれでいいではないか
家族はそんな一枚の絵のように
ゆったりと流れるあの雲のような心でそれぞれが旅立ちの時なんだよ
2006315_002_4    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/02

春の約束

春の約束

今年も君は忘れていなかった
あんなに寒かった冬を耐え
今、目を覚ましたんだね。
巡る季節の中で
春ほど心躍る時はない。
彼らはみんな
生きることに真剣だ。
そして疑うことなく
芽を出し花を咲かせる。
でも人間は嘘をつく
生きるためになら許せるけれど
相手を傷つけるうそは哀しい…
当たり前のことを
今は大切にしたい。

愛し合い
傷つけ合いながら夢を追いかけ
ふんわりと浮かぶ
あの雲に
いつかした約束
忘れてはいないかい?
_96

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »