« はじめまして | トップページ | 生徒募集中! »

2004/11/28

古代ギリシャ生まれの楽器・プサルタリー

__.JPG


今、ギターの恩師である加藤 誠先生が
古代ギリシャ生まれの楽器・プサルタリーの普及に懸命です。
この楽器は、とにかく弾き易い!
そして余韻が長く、歌わせ方の苦手な方にとっては何よりの朗報!
価格も安いので取り入れやすい。

そんな訳で
今、プサルタリーの普及に懸命なのです。
ギターともよく合い、
とても切なく、また懐かしい響きを持っているのも
また三角形の形もとても愛らしいですね。

こんな素敵な楽器について
興味を持たれた方やコンサートをご希望される時には
下記の
加藤 誠先生のホームページにアクセスしてみてくださいね。

http://homepage3.nifty.com/yurugen/

または
プサルタリー普及協会まで
      電話・FAX:03-3493-2643
http://homepage2.nifty.com/psaltery/


そのホームページより…

プサルタリーは、密閉された木箱の片面に弦を張って音階が出来るようにした古代ギリシャの楽器です。
プサルタリーという言葉は旧約聖書の中の讃美歌集を意味し、
またつま弾く弦楽器全般を指すギリシャ語のPsalterion(プサルテリオン)に由来しています。
古い時代のプサルタリーは鳥の羽の軸や指で弦をつま弾く楽器でした。
その頃のプサルタリーや、プサルタリーとよく似た構造を持つ打弦楽器ダルシマーは、後にキーボードと組み合わせられハープシコードや現在のピアノへと発展しました。
現在では弓で弾くプサルタリーが主流になっています。とはいえ、弓で弾く以外にもつま弾く、弦を叩くなどさまざまな演奏法が可能で、その音色はとても美しく神秘的で、ギターとのアンサンブルは格別です。
またプサルタリーはハーモニカや大正琴と同じようにどなたでも演奏を楽しめる楽器です。
プサルタリーは構造が非常に単純なので、基本的な木工の技術があれば、とてもよい音のする楽器を自分で作ることが出来ます。


…と説明されています。
みなさんも
一度はふれてみませんか?
神秘的なハープのような調べに…


|

« はじめまして | トップページ | 生徒募集中! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49394/2094807

この記事へのトラックバック一覧です: 古代ギリシャ生まれの楽器・プサルタリー:

« はじめまして | トップページ | 生徒募集中! »